キャッシング審査において重要視される情報に「個人信用情報機関」に登録されている情報があります。
「個人信用情報機関」とは、キャッシング業者やクレジット会社、銀行などが共有する個人の借入や返済に関する情報共有機関のことです。
個人ローン借入情報やクレジット利用情報は、すべてこの「個人信用情報機関」に登録されるようになっています。

キャッシングの申込を行うと、審査担当者は個人信用情報機関に照会を行います。
申込者の支払い状況などを確認し、ここで問題が生じると審査に合格することが難しくなります。
信用情報機関に対して照会する情報には、以下のようなものがあります。

○過去の返済の遅れ、事故情報

過去に長期の延滞(通常は3ヶ月)が発生していたり、特定調停、自己破産、民事再生などの事故をおコアしていないかどうかを調査します。
いわゆる「ブラック情報」とよばれているものです。
この情報は、通常発生から7年間は保存されますので、この情報が残っている間は、審査で合格できることはまずないでしょう。

○直近の申込状況

キャッシングやクレジットを申込すると、「申込を行った」という情報が個人信用情報機関に登録されます。
おおむね6ヶ月程度の申込履歴を照会することができ、ここに不自然な点があると審査で不利になります。
短期間で多くの借入申込を行っていると「お金に困っているのでは」「一気に借りて、逃げてしまうのでは」という疑念を持たれてしまうのです。
一般的には短期間で3件以上の申込があると、審査ではNGとされています。
どうしても審査に合格したい気持ちは分かりますが、申込は1社つづ行うようにしましょう。

○他社の借入状況

借入残高(限度額ベース)を確認する作業です。
特に「総量規制」が導入されて以降は、年収の3分の1を越える貸出が禁止されたため、厳しく判断されるようになりました。
借入状況は、残高ベースではなく、借入限度額ベースで判断されますので注意しましょう。

利息ってなに?

利息についてご説明しましょう。
消費者金融だけではなく銀行からであってもクレジットカードであっても借りたお金には利息をつけて返さなくてはなりません。
利息、利子など呼び方が違うこともありますがおなじことです。

金利で利息を計算しますが、今一度復習すると金利とは年間でかかる利息の割合です。
その金利を元にして計算した金額が利息になります。
利息の計算方法は先ほどご紹介しましたが金額、金利、期間によって決まります。

元金は借りた金額になりますので必ず返さなくてはなりません。
節約のしようがない金額です。
しかし利息は節約することができます。
キャッシングをするときにはこの利息をいかに節約するかによって返済総額が大きく異なってきます。
元金が10万円だったとして、利息が3万円になるのか5万円になるのかによって大きな違いになることは覚えておかなくてはなりません。

それでは利息の節約についてご説明していきましょう。

金額、期間、金利によって利息が決まります。
消費者金融になりますので金利は上限が適用され、節約が難しい項目です。
これが銀行となれば金利が節約も可能となってきます。
銀行金利は融資限度額によって決まる明確さだけではなく、そもそも上限金利は15.0%を下回ります。
すでにこの時点で大手消費者金融の金利よりも3%も低くなっています。
銀行金利は比較することでより低い金利での借り入れが可能となりますので節約することができる項目です。
消費者金融では比較することに残念ながら大きな意味がありませんのでここでは節約できない項目としましょう。

利息を節約するために考えられる項目は金額と期間です。
借り入れ金額を慎重にすることで金額は少なくすることができます。
例えば3万円を借り入れたいときには3万円でよいということです。
「念のため」「一応」そんな理由で5万円を借り入れる必要はありません。
借り入れの方法は豊富になっていますので今すぐに必要でもない金額を多く借り入れることはしなくてもよいはずです。
必要最低限の金額だけを借り入れる、これは必ず覚えておかなくてはならないことです。
融資限度額が設定されその金額の範囲内であれば自由に借り入れができます。
だからこそ「つい」という言葉がよくでてきてしまいます。
そんなときでも借り入れ金額には細心の注意を払いましょう。
それによって利息も節約することができます。

そして最も重要に考えたいのは期間です。
これは借入時に注意する金額とは反対に、返済時に注意するべき項目です。
月に一度の返済日、これは基本です。
しかし返済日まで待っていたのでは30日分の利息を支払わなくてはなりません。
これでは利息を節約することにはなりません。
プロミスには35日ごとの返済があります。
前回の返済日から35日以内であればいつ返済をしてもよいという返済日です。
一か月を待たなくても返済ができるときに積極的に返済をしていきましょう。
利息を節約するには借入期間を短くすることが重要です。
10日で返済をしたときと、30日で返済をしたときでは単純に3倍の利息の違いが出てきます。
参考:キャッシング即日融資の秘訣※お急ぎの方はコチラ!
消費者金融即日融資ガイド
即日キャッシングお急ぎの方
即日融資カードローン【即日審査・即日発行】
即日融資スピード|審査と融資が早いのはどこ?

関連記事