キャッシング審査において重要視される情報に「個人信用情報機関」に登録されている情報があります。
「個人信用情報機関」とは、キャッシング業者やクレジット会社、銀行などが共有する個人の借入や返済に関する情報共有機関のことです。
個人ローン借入情報やクレジット利用情報は、すべてこの「個人信用情報機関」に登録されるようになっています。

キャッシングの申込を行うと、審査担当者は個人信用情報機関に照会を行います。
申込者の支払い状況などを確認し、ここで問題が生じると審査に合格することが難しくなります。
信用情報機関に対して照会する情報には、以下のようなものがあります。

○過去の返済の遅れ、事故情報

過去に長期の延滞(通常は3ヶ月)が発生していたり、特定調停、自己破産、民事再生などの事故をおコアしていないかどうかを調査します。
いわゆる「ブラック情報」とよばれているものです。
この情報は、通常発生から7年間は保存されますので、この情報が残っている間は、審査で合格できることはまずないでしょう。

○直近の申込状況

キャッシングやクレジットを申込すると、「申込を行った」という情報が個人信用情報機関に登録されます。
おおむね6ヶ月程度の申込履歴を照会することができ、ここに不自然な点があると審査で不利になります。
短期間で多くの借入申込を行っていると「お金に困っているのでは」「一気に借りて、逃げてしまうのでは」という疑念を持たれてしまうのです。
一般的には短期間で3件以上の申込があると、審査ではNGとされています。
どうしても審査に合格したい気持ちは分かりますが、申込は1社つづ行うようにしましょう。

○他社の借入状況

借入残高(限度額ベース)を確認する作業です。
特に「総量規制」が導入されて以降は、年収の3分の1を越える貸出が禁止されたため、厳しく判断されるようになりました。
借入状況は、残高ベースではなく、借入限度額ベースで判断されますので注意しましょう。

関連記事